青天の霹靂-痴漢に遭遇その2 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

先日、私よりも暴力的な被害にあったというアイリッシュの女性と、
地元の政治関係者を連れだって、SP(Superintendent Poloce(警察長官))へ
申し立てに行ってきました。こういう事件が起こった場合、
インドでは下っ端警官の所へ行っても意味がないのです。

しかし、ひとりでは勿論、
女性だけで行っても駄目(余程重要なポストにいる人が一緒の場合は別)、
地元の権力者の力添えがないと面会にもなかなかこぎつけないとかいった、
これまた面倒くさいパワートリップの世界です。

日本でもそうかな…?!

そして、SPが女性だったと言う幸運にも助けられ(幾分同情的だったのか)、
すぐさまどこかへ電話をかけて、問題のエリアに警察を配置し犯人の確保に乗り出す事、
防犯カメラと街灯を設置する事を約束してくれました。その日の夜に沢山の警察が
通りに来ていたので、早速仕事に取り掛かってくれていると見えます。

しかし、街灯設置に於いては、私たちはまた別のデパートメントへ行き、
ちゃんと仕事をしてくれるように念押しに行かねばならないと言う事で、
別の日、少なくとも5人連れだってポリスに行かなければなりません。
何と面倒くさいのだ…。

おかしなことに、こうした犯行は同じエリアで、
知る限りでは7年も前からずっと起こっていて、何人も被害者が居るにも関わらず、
今まで野放し状態だったという事です。誰も申し立てに行かなかったのか、
それとも今回は警察が実際に動いてくれて、ラッキーだったのか何なのか、
???過ぎて訳わかめです。

地元のウェスタン達の噂では、地元のインド人は誰が犯人か大体見当はついているが、
その犯人(もしかして複数)は地元の有力者の息子である可能性が高く、だからして
誰も捕まえる事が出来ないのだとか何とか…。

別のインド人の話では性的被害にあった事を話す事自体、
インドではタブー視されてきたと言う事で、実際に起こっていても起こらなかったかの如く
振る舞われてきているのです。潜在的被害者はもっと沢山居るはず。

インターネットの普及と、若者の意識が変わってきて居る為、こうした事件が白日の下に
晒されてきている訳ですが、実はずーっと昔から続いて来ている事なのです。

欲望を満たすための暴力による脅迫と搾取、インドでは性的犯罪として表れていますが、
被害者の立場の人が、声をあげなければ、何も変わらないと感じる一件でした。
我が国もしかり、世界中何処に行ってもこの構図は変わらないのですねぇ。

因みにインドでこういう被害にあった場合、
地元の男性(ハイクラスのポストに居る人なら尚良い)を連れだって、
出来れば警察の上層部に掛け合い、FIR(First Information of Report(被害届))の
コピーと受領書を貰う。それを持って、日本大使館に行き、ここでも苦情の申し立てをする。
とにかくうやむやにしないで、ちゃんと記録に残させることが大切な様です。

12355165_10153756227684556_1854430003_n.jpg

女性の権利の為に!



スポンサーサイト

[2015/12/29 03:38] 旅日記 | TB(0) | CM(0)

青天の霹靂-痴漢に遭遇 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

本日Tiruは久しぶりにスカッとお天気で、晴れ模様。

12366285_10153771106954556_2593566125428555720_n.jpg

がしかし、私のこころは晴れません…。

それは何故かと言いますと、なんと先日不覚にも痴漢にあってしまったのです!!
(この歳ですが、インドでは歳は関係ありません。♀なら何でもいいのでしょう…。
或る意味で不幸な民族です)

わたくしの場合は白昼堂々と、しかもこっちはバイクに乗っていたにも関わらず、
わざわざ目の前に立ちはだかってバイクを止め、片胸をむにゅと掴まれました。

…まあそんなもんで済んだのですが、私の怒りは収まらず、地元民に言いたくり、
何とかその男(10代位の若者でしたが)を懲らしめてやりたいと思うのですが、
身元が明らかでないので、どうする事も出来ません。悔しい!!

しかし泣きねい入りはもっと悔しいので、警察に行き、この事はしっかりリポートし、
地元のコミュニティーにも注意喚起を呼びかける投稿記事を出しました。

話を聞けば、ここTiruは聖山アルナチャラで西洋人にも有名な場所ではありますが、
インドの片田舎。ここに暮らしている人全ての人が聖人という訳でもなく…
外国人を狙った悪戯的セクハラは平然と横行している様なのです。

人によっては衣服をはぎ取られたり、レイプ未遂や暴力沙汰という
深刻な事件に巻き込まれた人も居るので、悪い根は早いうちになんとかしなくてはなりません!!



[2015/12/21 12:00] 旅日記 | TB(0) | CM(0)

お客様からのメール 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

本日はお客様から頂きましたメールをご紹介致します。

ご購入商品:セラフィナイト・ルース-c、ゲーサイトinファントムアメジスト-a、ルビー・カービングルース-d

ご連絡、遅くなりました(>_<)
セラフィナイト、エレスチャル、カーピングルビー
無事に到着しております。
セラフィナイト、凄く幻想的で角度を変えたりすると立体感が出て素敵です♡

エレスチャル、アメジストと水晶の間が幻想的で凄く好きな石です。
あの凸凹感がたまりませんね!やっぱり原石は最後*\(^o^)/*です。

カーピングルビー、凄く可愛いです。
ドロップみたい(^o^)ルビーって疲労回復にいいんですってね!
今回、調べて初めて知りました。

どのストーンも素敵で今回も大満足です。
ずっと眺めています。光にあててみたりして(笑)

ありがとうございました♡♡♡
また、宜しくお願い致しますm(__)m

・*:..。o○☆ ありがとうございました。☆*゚¨゚゚・*:



[2015/12/20 02:04] お客様からのメール | TB(0) | CM(0)

パルバティ・バウル 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

ここに来て、雨がずーっと続いていますが、
それでもイベントはハプニングしています。

昨夜は近所のヨギ・ラムスラットクマール・グルのアシュラムで、
パルバティ・バウルのパフォーマンスがありました。

素晴らしきかな彼女の歌声。
1曲目にクリシュナへのラブソングを歌ってくれましたが、
マイクなしにも関わらず、彼女の声はどこまでも染み渡る水の様に、
透明な光の様にハートを貫き、あまりの美しさに感極まって涙。

いやあ本物のアーティストに出逢えた貴重な夜でした。





[2015/12/17 12:00] 旅日記 | TB(0) | CM(0)

ティルバンナマライのギリプラダクシナ 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

12341213_10153763059424556_8921777227131220778_n.jpg

ディーパム祭りのクライマックスを迎える満月の日、
私は友人達とアルナチャラ山を時計回りに巡礼する
ギリプラダクシナをしました。

朝の5時に待ち合わせ場所に向かいました。

12373323_10153763059224556_2810096889180587388_n.jpg

既にインド人達でいっぱいです。
この日はインド中からティルバンナマライ目がけて
巡礼者達が集まってきます。

巡礼道路の脇にはお祭りの様に様々な出店も出ています。
勿論、正当派は黙々と自分を見つめながら歩くのですが、
お喋りしながら家族で練り歩く人々や、お店で買い物やつまみ食いを
楽しみながら歩く人々…と、様々です。

12376412_10153763059429556_8851163570462128950_n.jpg

私達も極力お喋りは控えつつも、途中チャイやらフライやらをつまみ、
休憩しつつ練り歩きました。

12375093_10153763059254556_2259669419451420699_o.jpg

丁度ラマナ・アシュラムの反対側に来た辺りからの眺め。
朝日をバックに美しいアルナチャラの稜線です。

12341387_10153763059239556_511521723813433693_n.jpg

ほどなく歩いていると、神々しい光の差すエリアの辺りに

12341101_10153763059434556_6091494261543749082_n.jpg

シバテンプルのテントが張られ、
無料で巡礼者たちに朝食が振る舞われていました。

12246653_10153763059419556_555333547131779059_n.jpg

私たちもご相伴にあずかりました。

12341550_10153763059439556_5407725361271891866_n.jpg

とっても美味しかったイドゥリ&ポンガル。

皆に等しく無料で食事が振る舞われるなんて、
なんてこの国は気前が良いのでしょうか。

インドに来て初めてこういう印象を持つことが出来ました。

ティルバンナマライには様々なグルのアシュラムがありますが、
どこでも何かの記念日や、もしくは何もなくても貧しい人達には
無料で食事の配給やプラサード(お菓子)やお茶が配られます。

インド自体が貧しい国であるにも関わらず、
この施しの精神には頭が下がります。



[2015/12/15 03:43] 旅日記 | TB(0) | CM(0)

お客様からのメール 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

本日はお客様から頂きましたメールをご紹介致します。

ご購入商品:アイオライトサンストーン ペンダント-a

bodhitree 菩提樹 御中

お世話になっております。
ご連絡が大変遅くなってしまい、申し訳ございません。
その節は日時指定の件でお世話になり、ありがとうございます。

お蔭様で、商品は無事に届いておりまして、とてもキレイな石で
気に入っております。手持ちのブレスと合わせて使用しています。

ご出張のお忙しい最中、本当にありがとうございました。
またご縁がございましたら、よろしくお願い致します。

簡単恐縮ではございますが、取り急ぎ御礼まで。

・*:..。o○☆ ありがとうございました。☆*゚¨゚゚・

*:




[2015/12/14 12:00] お客様からのメール | TB(0) | CM(0)

ティルバンナマライのディーパム祭り 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

12289743_10153725980249556_8056764216506640095_n.jpg

11月16日よりTiruではディーパム祭りが開催されました。

以前のブログでも触れました、アルナチャラの由来に関する神話によりますと、
毎年インドの月の暦の満月の日(ディーパムと言います)、
アルナチャラの頭頂にシバ様がご光臨すると云われています。

今年は26日に聖火点火のクライマックスを迎え、それから2週間程炎をみる事が出来ます。
今年は生憎のサイクロンの影響で点火の日のみ奇跡的にスカッと青天でしたが、
その他の日々は雲や霧で見えたり見えなかったり・・・。

12193815n.jpg

満月のシバ様ご光臨の日(ディーパム)に合わせて、アルナチャラ山の周りを時計回りに歩く事を、
ギリプラダクシナと言って、大変ご利益があるのだとか。

12246919_10153725980174556_1346842810331942450_n.jpg

この日を目がけてインド中のみならず、世界中からアルナチャラ山(シバ)信者達が、
ティルバンナマライ目がけてやって来ます。

家のフラットのバルコニーにもディーパム客用の臨時布団が…笑

12308173_10153725980164556_5225113024816117564_o.jpg

たまたま点火儀式の時に隣り合ったブラフマンのお爺さんと、世間話をしましたが、
かなりのご高齢にも関わらず、ただこのディーパムの日の為だけに列車を乗り継ぎ、
ほぼ1日かけてこちらにやって来て、1日ティルに滞在し、翌日にはまた長い道のりを
郷へとお帰りなのだそうです。

そして、一緒にシバ様ご光臨の瞬間を見守りました。
点火の瞬間は一瞬どよめきと歓声と花火があがり、人々の気が一気に高揚します。

12294723_10153725980159556_5146586192995369274_n.jpg

インド人は信仰に篤い民族ですね。そして、やっぱり稀有な国だなぁ…。
何だかとっても深く感動した夜でした。

12247190_10153725980169556_6549220608700452171_n.jpg

12294713_10153725980154556_7519844330355508655_n.jpg



[2015/12/13 01:47] 旅日記 | TB(0) | CM(0)

お客様からのメール 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

本日はお客様から頂きましたメールをご紹介致します。

ご購入商品:エレスチャルスーパーセブン・ペンダント-b、
アメジストエレスチャル・ペンダント

こんにちは~♪

お品が無事に到着致しました。
エレスチャルの方は手が燃える様に熱く感じました。
凄く綺麗です。

スーパーセブンにもレインボーが入っており、
エレスチャルよりは透明度は少しだけ落ちますが神秘的な内包で
また、違った感じで、2つとも素敵で納得です。
ファントム玉、ハーキマ&ロータスブレス、今回のエレスチャル、
スーパーセブンと全て、大満足です。

まだまだ、旅は続きますが、お体は大事にして下さいませ。
ブログも楽しく拝見させて頂いております。

蓮の切り花の販売!日本では見た事ないですね!
凄く欲しいです(笑)

日本に帰って来ましたら、私に合ったブレスを作って頂きたいです。
楽しみです(^o^)

・*:..。o○☆ ありがとうございました。☆*゚¨゚゚・*:





[2015/12/06 12:00] お客様からのメール | TB(0) | CM(0)

アンダリュサイトルース 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

或る日部屋の前のバルコニーで、綺麗な虫さんを発見。

12065851n.jpg

とっても瞑想的に触角をひとつひとつ丁寧に
整えていらっしゃいました。

虫や動物たちの営みからも沢山の発見があるTiruです。

アートの様な模様の牛さん。

IMG1622_2015112212591389b.jpg

家の家の周りには沢山の牛が居ます。
彼らのご挨拶は、角で軽く頭突きです。
彼らに触ると、ふかふかのカーペットの様で

とても気持ち良いのです。

馬も居るのですが、洪水の時にどこかに
非難させられた模様。

そして、なんといっても猫!!

12241284_10153703836929556_3433680350976752880_n.jpg

近くのカフェに常駐する猫のミツ。

存在しているだけで可愛らしい彼ら…。
愛でずにはいられないあの吸引力は
一体何なのだろうと思う今日この頃です。

* * *

本日ご紹介致しますのは、インドの虫さんの様に
玉虫色の二色効果が美しい、アンダリュサイト・ルースです。
スリランカで仕入れました。

アンダリュサイト

アンダリュサイトとは - 最初に発見されたのがスペインのアンダルシア地方であったことに由来します。
地色は淡い黄褐色から淡い赤褐色・濃褐色・濃緑(ボトルグリーン)などの色があり、
多色性(石の向きを変えると黄色や赤・緑を示す)が最大の特徴です。
この石はシリマナイトやカイヤナイトと組成は同じですが、
生成環境の温度が違ったために結晶の姿や特性が異なるものとなった同質異像の珍しい兄弟と言えます。
結晶の状態では不透明なものが多いのですが、カットすると透明で綺麗になるので一見すると
アレキサンドライトと勘違いされるものもあります。産地は限られており小粒のものが多く、
2ctを超えるものは稀少です。


素敵な出逢いがありますように…☆

UPの情報はメルマガにて後日流します。お楽しみに☆(^-^)



[2015/12/05 12:00] 天然石:ルース | TB(0) | CM(0)

エチオピアンオパールの 可愛いハートシェイプ 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

12219575n.jpg

さて、急にTiruは涼しく(寒く)なったと思いきや、
大型のサイクロンが接近してきている模様です。
洪水に注意とありましたが、昨日から結構な突風と大雨が続いております。

雨だと何処へも出かける気にならないので、
はやく上がって欲しいです…。

さて、ここTiruは瞑想者が多く集まる所、と言う事もあってなのか
ヘルシー志向のお店が多いです。お店にもオーガニックな食品が並びます。
近くにオーロビルという、ウェスタンが集まるエコ・コミュニティーがあり、
そこからもセンスの良いオーガニックな食品が届けられています。

さて、健康食品が結構好きな私のツボな商品が沢山あり、
ここはまさに天国の様です…。

昨日も、近所のスーパーで、手作りのピーナッツバターと、
カシミールハニー、そしてオーガニックチョコレート、
ヒマラヤサプリを購入しました。

ここは完全ベジタリアンのエリアなのですが、
全然痩せる気がしません…。

そして、今回私が面白いなと思ったのが、
エナジーボールという代物。

122277720126326960n.jpg

写真の真ん中に移っている団子状のもの。

これは、ドライフルーツとかナッツをくだいて、団子状にした栄養食品の様ですが、
どうやらこれは身体や精神の状態に合わせて内容物が違うようです。

お店にも色々なブランドのエナジーボールが置いてありますが、
見た目や大きさがちょっとずつ違っていました。
何も考えずに購入した今回のボール、よくよくパッケージを読んでみると、

神経の高ぶり、致した後の疲労感、勃起に関する不調・・・と、
私とは今現在、なーんの関係もない『性』にまつわるetc...エナジーボールだったことが判明。
どうりで、今回はあまり美味しいと感じなかった訳ね。泣き笑

* * *

本日ご紹介致しますのは、エチオピアンオパール
可愛いハートシェイプたちです♪

12065913n.jpg

沢山のルースの中から、ハートシェイプのものと、
ロイヤルブルーのものをセレクト致しました。

ペンダントに加工しても可愛い。
興味のある方はお問合せ下さい。

素敵な出逢いがありますように…☆

UPの情報はメルマガにて後日流します。お楽しみに☆(^-^)




[2015/12/04 12:00] 天然石オパール | TB(0) | CM(1)

ティルバンナマライ 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

12065831.jpg

ここティルバンナマライには様々の悟ったグル達が集まってきている場所でもあり、
瞑想道場も大阪のたこ焼き屋の如く100mに1軒と、軒を連ねております。

12219515n.jpg

12219510.jpg

さて、ここに来る人々、ラマナの様な人として現れたグルを信仰している人も居れば、
アルナチャラ山自体を信仰している人もいます。
このアルナチャラ山、実はシバ神の化身として現れた御山だとか。

IMG1625.jpg

ティルに詳しい現地ボランティアガイドをされている
シリウスアーナンダ鈴木さん(名前長い…)から伺ったお話に依りますと、
インドの古い神話には、こうあるそうです。

或る時ビシュヌ神とブラフマー神が、どちらが偉いかで喧嘩をし、
世界がえらい事になってしまい、周りの神様達が困り果て、
シバ神に決めてもらおうと、シバの所を訪ねました。

シバは天上天下無限の光の柱(シバリンガム)に姿を変え、
光の始点を最初に見てきたものが偉いという事にしようと言いました。

そこでブラフマーは鳥に姿を変え天上へ飛び、
ビシュヌはイノシシに姿を変え地下を掘り進んで、光の始まりを探しにいきました。

ほどなくして、無限の光の始まりを探すのは不可能だと気づいたビシュヌは
シバの元へ戻り、自分の負けを認めシバを讃えました。

ブラフマーは、途中で空から落ちてくる花びらを見て、光の柱の頂上で引き抜いてきたと
最初嘘をつきましたが、そんな自分を恥ずかしく思い誤りを認めます。

その後、無限の光の柱に姿を変えたシバ神はあまりに眩しすぎて、
他の神様から苦情が来たので、アルナチャラ山に姿を変えたと言われています。

この神話の中で、ヴィシュヌは自我を、ブラフマーは知性を、
そしてシヴァは真我を象徴しているのだそうです。

11月には年に一度のディーパムというお祭りがありまして、
このアルナチャラ山の頭頂に火が灯り、2週間絶え間なく燃え続けます。

カルマを焼切り浄化する…。シバ神は破壊と創造の神様とも言われていますが、
日本では何故か大黒天様がシバの化身とされています。

お祭りの間はアルナチャラ山の周りを時計回りに練り歩く、
ギリプラダクシナという瞑想を、世界中の人々と共有する事が出来ます。

シリウスアーナンダ鈴木さんのティル&ラマナ関係サイト



[2015/12/03 12:00] 旅日記 | TB(0) | CM(0)

クリスマス感謝セールのお知らせ 

◆クリスマス感謝セールのお知らせ◆

sale2015.jpg

12月3日より15日迄、クリスマス感謝セールを開催致します。
表示価格より15%OFF★ 但しSALE品・NEW商品・リーディングは対象外です。
自動送信受注メールの後、割引適応後の受注メールを送信致します。


◎セール対象商品に対するポイント割引きはご利用いただけません。
◎セール対象商品へのポイント加算はございません。
◎割引前合計2万円以上のご購入で送料無料となります。

[2015/12/03 01:55] イべント情報 | TB(0) | CM(0)

スリランカ産バイカラ―トルマリン結柱 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

IMG1625.jpg

私が滞在しているティルバンナマライは、
南インドの聖山アルナーチャラを目指して、
世界中から求道者が集まってくる場所です。
北で言うならヒマラヤの様な所でしょうか?(行ったこたないけど)

このティルで、日本でも私は誰か?の教えで知られる、
シュリラマナマハリシのアシュラムに通っています。
此処では何人かの日本人と会う事が出来ます。
日本のスピ系会社がスピツアーを組んで、
団体で送り込まれる事もあるみたいです。

私は誰か?という14P程の小冊子を買いました。
質疑応答の散文集ですが、
この1冊にラマナの教えが凝縮されているとか。

本の中に瞑想だけでは真我には辿り着けない、
瞑想はその準備だと有りました。

真我へ至る究極の王道は、私は誰か?と常に問い掛ける
探究にあるのだそうです。

思えば私の瞑想は、リラックスしたり、
時にウィズダムを得たりする事に有益ではありましたが、
まさかそれが単なる準備に過ぎなかったとは?!

今年に入って、瞑想に関して目から鱗の落ちる様な事ばかりです。

自分の無知を思い知り、
この小冊子に書かれてある様に、
私は誰か?と常に想起するエクササイズを
早速昨日から始めています。

***

自分はこの身体ではない。

自分はの思考ではない。

自分はこの感情ではない。

では、この私はとは誰か?

***

昨晩気づいた事は、自分の過去の体験や人の話を思い返しては
反芻したり、批判してみたり、新しいアイデア(夢)に没頭し、
すぐにファンタジーの世界にハマりこんでしまうという事。

その都度、これは誰にやって来たのか?

私に。

では、その私とは誰か?と繰り返します。

…はっきりって、こんなこと日本社会にあって
1日中やってはいられませんが、
私は今インドに居て、時間は十分にありますので、
この機会を最大限に有効活用しない手はありません!!
思い出す度やってみようと思います。

ラマナはこの問いかけを続けると、自分とはハートの中から
やってくる事を発見するだろうと言っています。

ハートって心臓の事???

…ではない様ですよ、どうも。フフフ。

* * *

本日ご紹介致しますのは、スリランカ産バイカラ―トルマリン結柱です。

12185388o.jpg

12227634.jpg

素敵な出逢いがありますように…☆

UPの情報はメルマガにて後日流します。お楽しみに☆(^-^)





[2015/12/02 12:00] 天然石:トルマリン | TB(0) | CM(0)

サドゥー風乞食か、乞食の様なサドゥーか…。 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

IMG1631.jpg

或る朝瞑想の後、道端のチャイワラで茶をしばいていたところ、
どこからともなくあらわれたオレンジ色のサロンを来た
愛嬌のあるサドゥー風乞食か、乞食の様なサドゥーが、
1杯奢ってくれと言ってきました。

私はちょっとからかうつもりで、私があんたに茶を奢るのに
どれだけ働かなきゃならんと思ってるんだ?と言いましたところ、
そのサドゥの瞳が一瞬でウルウルになり、次の瞬間には大粒の涙をこぼし
大泣きされてしまいました!!

私は貧乏で兄弟も姉妹も死んでしまった!家もない!と哀れな乞食。
バツが悪くなった私は、悪かったよ~、1杯御馳走してやるから。
クッキーも食べていいよと言いました。

するとサドゥは
さっきまで泣いていたカラスが何処へやら…
何事もなかったかの様に私の隣に座り、クッキーはいらないと言い、
茶をすすりはじめました。
次に自分は家がないからお前の家へ行って良いか?とド厚かましく。

チャイ屋のおばちゃんは首を横に振り、苦々しい表情で私をじっと見ています。

勿論私は駄目に決まってるやないか!と言うと、
あそ、じゃあね~ナマステ。と足取り軽く消えて行きました。笑

今思えば、あの涙も芝居だったか?!
少なくとも彼は、チャイを得る為に仕事をしてみせた訳で、
迫真の演技に感動すら覚えました。

インド人は逞しいぜよ。

IMG1622.jpg

まったくモウ!

* * *

本日ご紹介致しますのは、スリランカ産水入り水晶です。

12196177.jpg

12227837n.jpg

11693908n.jpg

素敵な出逢いがありますように…☆

UPの情報はメルマガにて後日流します。お楽しみに☆(^-^)



[2015/12/01 12:00] 旅日記 | TB(0) | CM(0)