FC2ブログ











スリランカ産アレキサンドライト 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

10393980n_20151107163754377.jpg

キャンディーで無事ビザを受領し2日後にはインド!
結局ビザは間に2回土日と祝日を挟んだ為に結構ギリギリに…。

しかし、何度行ってもインドはワクドキです。
この度はコロンボからチェンナイに飛びます。
いつもはボンベイinなので、これも初めての事。

キャンディからコロンボに向かう電車の中、
100万年ぶりにド直球なナンパをされました。
海外では日本人は実年齢より10歳は若くみられるので、
きっとあのお兄ちゃんも勘違いしているに違いない。

スリランカ人にとって、西洋で暮らす事はビッグドリームです。
なかなかパスポートがおりなくて大変だとか。
がしかし、私にはそんな事に費やす時間の余裕はないっちゅー訳でして、
とっととインドへ向かわざるをえないのでした。

さて、今回の交通費は…
キャンディー→コロンボフォート駅 汽車2クラス 約600rp
コロンボフォート駅→空港 ACバス 200rp
空港→GH トゥクトゥク 250rp

という具合に、やはりトゥクトゥクは驚異的に高い!!

スリランカ、宿代とトゥクトゥクは(クオリティーの割に)高すぎる!!
これから行かれる方は覚悟。

10414580n.jpg

11224866n.jpg


* * *

本日ご紹介致しますのは、

こちらは、非常に高額な為、少ししか手に入れられなかった
小粒ですが、カラーチェンジが15~25%程認められる
良質のアレキサンドライトです。

アレキサンドライト

アレキサンドライト

素敵な出逢いがありますように…☆

クリソベリルの内、チタンを含むものをアレキサンドライトと呼びます。
非常にレアである為、とても高価な宝石。

1833年ロシアのウラル地方で最初に発見され、
当時の皇帝アレクサンドル2世にちなんで命名されました。
発見当初はエメラルドと思われていましたが、

太陽光下では青緑、照明下では赤へと
カラーチェンジする他の宝石には見られない特質が発見され、
当時のロシア皇帝ニコライ1世に献上ました。

ちょうどその日が、皇太子アレクサンドル2世の12歳の誕生日だったため、
この非常に珍しい宝石に、アレキサンドライトという名前がつけられたのだとか…。

石言葉は「秘めた思い」何やら意味深ですが、
この宝石には、どんな思いが秘められるのでしょうか…。

小粒ですので、ピアス、リング等に…。

ご興味ある方はお気軽にお問合せ下さい。

UPの情報はメルマガにて後日流します。お楽しみに☆(^-^)



関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bodhitree.blog.fc2.com/tb.php/1316-b37be35f