FC2ブログ











ティルバンナマライのギリプラダクシナ 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

12341213_10153763059424556_8921777227131220778_n.jpg

ディーパム祭りのクライマックスを迎える満月の日、
私は友人達とアルナチャラ山を時計回りに巡礼する
ギリプラダクシナをしました。

朝の5時に待ち合わせ場所に向かいました。

12373323_10153763059224556_2810096889180587388_n.jpg

既にインド人達でいっぱいです。
この日はインド中からティルバンナマライ目がけて
巡礼者達が集まってきます。

巡礼道路の脇にはお祭りの様に様々な出店も出ています。
勿論、正当派は黙々と自分を見つめながら歩くのですが、
お喋りしながら家族で練り歩く人々や、お店で買い物やつまみ食いを
楽しみながら歩く人々…と、様々です。

12376412_10153763059429556_8851163570462128950_n.jpg

私達も極力お喋りは控えつつも、途中チャイやらフライやらをつまみ、
休憩しつつ練り歩きました。

12375093_10153763059254556_2259669419451420699_o.jpg

丁度ラマナ・アシュラムの反対側に来た辺りからの眺め。
朝日をバックに美しいアルナチャラの稜線です。

12341387_10153763059239556_511521723813433693_n.jpg

ほどなく歩いていると、神々しい光の差すエリアの辺りに

12341101_10153763059434556_6091494261543749082_n.jpg

シバテンプルのテントが張られ、
無料で巡礼者たちに朝食が振る舞われていました。

12246653_10153763059419556_555333547131779059_n.jpg

私たちもご相伴にあずかりました。

12341550_10153763059439556_5407725361271891866_n.jpg

とっても美味しかったイドゥリ&ポンガル。

皆に等しく無料で食事が振る舞われるなんて、
なんてこの国は気前が良いのでしょうか。

インドに来て初めてこういう印象を持つことが出来ました。

ティルバンナマライには様々なグルのアシュラムがありますが、
どこでも何かの記念日や、もしくは何もなくても貧しい人達には
無料で食事の配給やプラサード(お菓子)やお茶が配られます。

インド自体が貧しい国であるにも関わらず、
この施しの精神には頭が下がります。


関連記事
スポンサーサイト




[2015/12/15 03:43] 旅日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bodhitree.blog.fc2.com/tb.php/1330-ec65a194