FC2ブログ











トルマリン磨き原石(スライス) 

こんにちは Bodhitree-菩提樹のKiranaです。

14021615n.jpg

或る日私はコパンガンからひとり、バンコク行きの汽車へ乗る為、
スラタニ駅へと向かう途中の港で、ひとり佇んでいる白人女性と
暇つぶしに話しました。

彼女の名前はイングリットといい、ウェールズからやって来た言っていました。
ウェールズとはイギリスの中にありながら、イギリスとは別な国だそうでして…
以前にスコットランド出身の方と話した時も同じような事を言っていたのを思い出しました。

エゲレスって、複雑なエリアなのですねぇ。
調べてみると、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの
4つの国で構成される連合国家の名前が、通称イギリス(英国)なのだそうです。

さて、彼女はパンガン島に移り住んで、はや2年だそうなのですが、
ここで何をしているのかといいますと、ヨガに関わる仕事をしているのだそうです。
もちろんご自身も先生として、教えてたりもしているそうですが、
パートナーが事務所をやっているのだとか。

今日はサムイ島でヨガのコースがあって、そこにお手伝いに行くのだと
教えてくれました。私があなたも教えるの?と聞くと、
今回はアメリカからカリスマ・ヨガティーチャーを4人呼んでいて、
私は今回はアシスタントととしてコースに入るのだと言っていました。

ニューヨーク・ヨガなど、空前のヨガブームの今ですが、
なんとそのコースの1か月の参加費用は8000USドルだそうです。ギャー!!
しかも、参加者は35名だとか…。

イングリットも『信じられないよね~~?!しかも宿泊と食事は別だよ。
一体どんなクレイジーなセレブ達が、わざわざ飛行機に乗ってやって来るのか、
それを見るだけでも楽しみよ…』と、笑っていました。

あはは。8000ドルて?!ほぼ100万円じゃないですか。

ヨガのコースに100万円支払ってもいいとか、
どれほどのカリスマティーチャー達がそろうのだろうか?!…と
ちょっと好奇心でのぞいてみたい気もしますが…。

いやはや、凄い世界もあるものです。^^;



* * *

本日ご紹介致しますのは、10月誕生石のトルマリン磨き原石(スライス)です。

素敵な出逢いがありますように…☆


トルマリン磨きスライス2


トルマリン磨き原石(スライス)Tourmaline 産地:ミャンマー

独特のカラーリングが特徴的なミャンマー産トルマリンを磨いた磨き原石(スライス)です。

ウォーターメロン・トルマリンはハートにとって、
素晴らしい活性剤となってくれる天然石として 知られています。
愛・友情・優しさを育み、人間関係に有用。
ヒーリングでは再びひとつになろうとする事への、あらゆる抵抗を解消するといわれます。

BodhiTree-菩提樹


関連記事
スポンサーサイト




[2016/09/19 12:00] 天然石:トルマリン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bodhitree.blog.fc2.com/tb.php/1398-c2652493