射手座の満月 

こんにちは!
Bodhitreeスタッフのイシスです☆

少しづつ夏の気配が近づいて来ていますね。^^
皆様いかがお過ごしでしょうか?

来たる5月29日火曜日、23:20に月は射手座で満月を迎えます。
実は数ある満月の中で、射手座が1番
願い事を叶える力が強いと言われています。
普段願い事を書く習慣がない方も、
この日だけでもトライしてみては如何でしょうか?
何もお願いしないのが勿体ないほどにパワーがある日ですよ☆

09051223113019.jpg
写真は拾い物です

お願い事はそれぞれの星座によって
叶いやすいものがあるのですが、射手座のキーワードである海外や
コミュニケーションなど、外側に向かっていく
アクティブなエネルギーに関係したお願い事を書くのが良いでしょう。

頭で願うだけではなく紙に書き、
普段から目につく所に貼っておくと叶う力も倍増するそうです。
ぜひお試しくださいね!

さて、夏の訪れの前には恵みの雨が降る梅雨に入りますね。
今日は数ある天然石の中でも一際神秘的な6月の天然石、
ムーンストーンについてお話させてください。

私事ですが、実はイシスが天然石の魅力ハマったのは
小学生の頃、ムーンストーンがきっかけでした。

母と行った駅前の雑貨屋にあった天然石のコーナーに、
ミステリアスに光り輝くムーンストーンがありました。

その神秘的な姿と「ムーンストーン」という美しい名前に
すっかり魅了されたイシスは、
後日僅かなお小遣いを握りしめて雑貨屋に走り、
勉強机にいつも置いて眺めていたことを覚えています。^^

古くから神秘的な力を秘めた天然石として
老若男女問わず人々に愛されてきたムーンストーンの歴史は長く、
なんと紀元前1世紀頃から人々に知られていたとされています。

プリニウスの『博物誌』やアルベルトゥスの『鉱物書』の中では
『この石(ムーンストーン)は、月の満ち欠けに従い
その形も大きくなったり小さくなったりする』と記されており、
そのことからギリシャ語で月という意味の「セレニテス」という
言葉を語源にもったとされています。

天然石が大きさを変えるとは夢のような話ですが、
電灯などの強い光がない時代には、
弱い月の光でこのパワーストーンを見ると本当に
そのように感じられたそうです。
古代の人々はこの不思議な現象に驚いていたのでしょう!

そのような伝承から古代インドでは"聖なる石"として
聖職者が身につけたり、豊穣を祈って農具につけたり、
など大切に扱われてきたようです。

またヨーロッパでは『旅人の石』として、旅に出かける際は
安全を祈願してこの石を身につけたといわれています。

怒りや悲しみなどでハートが不安定になっている時、
このパワーストーンを身につけることで波立った感情を穏やかに鎮め、
平和なハートを持ち続けることができるでしょう。

別名『恋人たちの石』『愛を伝える石』とも言われ、
持ち主を優しく大らかな愛情で満たしてくれるといわれています。
愛する人との出会いや恋愛を成就させ、幸せな結婚
そして家庭へと導いてくれるそうです。

◎ムーンストーン
ムーンストーン

ムーンストーンは女性性に関わる石。その神秘的な輝きと魅力は
全ての女性達にとって必要なものではないでしょうか。
ムーンストーンは新しい始まりの石と呼ばれており、
その名のとおり、月(女性性)と繋がりの深い石です。
月は満ちて欠ける様に、全ての事柄は変化する事を語っているかの様なクリスタル。
無意識を意識化し、直観力と共感を高めたいと願う貴女に…。

BodhiTree-菩提樹



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bodhitree.blog.fc2.com/tb.php/1490-722117b1