素戔嗚尊様より神示 H23.3.14  

こんにちは 菩提樹のKiranaです。

この度の東北・関西大震災で被災された皆様には
こころからお見舞い申し上げます。

まだまだ大変な状況が続くと思われますが、
私も自分のできることはしていこうと思っておりますので
皆様も頑張って欲しいです。

長野へ避難してきて今日で4日目です。
といいましても、時間の感覚がないので、
もう何週間も経ってしまったような感覚です。

原発の状況は均衡状態ですが、
私のリーディングでは、昨日あたり方向性が変わる。
何らかの敗北を認めて、そこから方向転換が起こる感じでした。

そして今日はまた抑圧状態が続く様ですが、
東京はこれからも混乱が続くようです。

昨日の知人の日記にあった言葉、
何の根拠もなく、自分の体験でもないので、
こういうことをここに載せてしまうのはどうかしら…?と憚られましたが、
何かのメッセージだと感じましたので、こちらに転載しておきます。


素戔嗚尊様より神示 H23.3.14

さてもの既に起こりた事悔みても時遅き由,これからの事に思いを来す方がよき思うがの。
人民様の不安,神分かりはすれど,神界にては既に定まりし事である由,
過度に騒ぎ立てる言うは神望みし事ではない申し伝えておくぞ。
此の度震えし地,それ始まりにして,今後同じ事何処の地にても起こる由,
ゆめゆめ人事(ひとごと)のように思いなさるなよ。
震災にあった者の姿,そなた達自身の事にてもあるぞ。
地上の何もかも泥海に還る前々から申し伝えてあろがな。
そなた達神よりのフミ読みても現実の事とは思わぬであったじゃろうが,
艮(うしとら)の地の有様見て神の申しておった事真実言うが見てとれたであろうが。
今この時言うは三歳苦難の只中にて,まだまだ人民様の言うに言われぬ苦難幾度も幾度も続く由,
そなた此の事縁ある者達に伝えて下されよ。地の震えひと度落ち着いたにしても,それ終わりではなく,
今が始まりの時,くれぐれも申し伝えておくぞ。
地の震えと山火吹く言うは一連の事として起こる由,火吹く山の近くの人民様用心召されよ。
神よりのフミ,ハラに入れたら,人の言などに耳を貸さず自らの心にひらめきし事一つを信じて勇み神について参れ。
今一人ひとりが成すべき事,まるで人事(ひとごと)のように祈ったり,おがんだりする事じゃのうて,
自らのチリ祓う事,強く申し伝えておくぞ。
人民様一人の動き時に世界をも動かす知り置き下されよ。
神しかと頼みもうすぞ。

                                   素戔嗚


on mixi:
関連記事
スポンサーサイト

[2011/03/17 09:21] 東北関東大震災 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bodhitree.blog.fc2.com/tb.php/462-5e386534